道の駅スタンプラリー2017

2018年1月 6日 (土)

道の駅スタンプラリー2017

ども。部員でぃす。

年末年始はサービス今日なので休めませんよと。
疲れすぎて一日休みが激しい頭痛で一日寝込んで終わってしまった……。

道の駅スタンプラリーはまだまだ続くのですが、記憶も曖昧になってきていることもあり、まとめてしまおうと。

結果は、27箇所中、6箇所回れました。
_20180106_002500


_20180106_002432


_20180106_002400


_20180106_002326


_20180106_002258


_20180106_002223

来年はもっと回りたいなぁ。

2017年12月16日 (土)

道の駅スタンプラリー2017 サードステージ

ご無沙汰しております。

部員でぃす。


11月中旬より滞っておりました更新……
その間に、雪積もりネタ不足。スマホ壊れて更新出来ず。
楽しみに覗いてくれた方々に申し訳ないでぃす。

さて、サードステージですが、小川原湖を走った話。
記憶が(^^;

風が凄く強くて進まなくて引き返して来た記憶がある。

_20171030_214415


_20171030_214625


_20171030_214724


_20171030_214805


Screenshot_20170826144213


Screenshot_20170826144220


Screenshot_20170826144225

こんな感じです。

2017年11月13日 (月)

道の駅スタンプラリー2017 サードステージ

だうも。
部員どS。

すっかりすっかり冬間近に迫った今日この頃。

道の駅スタンプラリーはどないしたんじゃい!(*`Д´)ノ!!!
と思われた方。

全くその通りでございまして……。
全然更新しておらず。

けどね、走るのはちゃんと走ったんですよ!(`◇´)ゞ

強風につき、途中で引き返すとか。
片道20km弱でバテるとかwww

それでも道の駅は……これから書くサードステージと、次に走った第4ステージ。

でも、首痛にやられたり仕事の疲れで休みなのに走れなかったりしてたので、走る日数は去年よりあったんだけど、距離が伸びてないんですよね~~(;・ω・)

総走行距離は、いずれ今シーズンの振り返りでお話しするとして……。

サードステージは、小川原湖一周を計画。

準備して目的地へ着いたものの……

強風。

さて、サードステージどうなることやら。

2017年9月26日 (火)

道の駅スタンプラリー2017 セカンドステージ

ども、部員でぃす。

さて、セカンドステージを実施してから……
季節変わってますがwww
お送りいたします。

道の駅鶴田を日差しが強い中で出発!\(^o^)/
ネットでも話題になりましたね。
『鶴の舞橋』を目指す。

農業用の大溜池に、鶴が羽を広げて飛んでいるかのような、木製のながーーーい橋がかかっている。
その背景に岩木山が堂々とそびえ立つ姿は、綺麗。とにかく綺麗。

向かう途中にある鶴泊(つるどまり)駅が味があるなぁと撮ったのに、指が写り込み魅力ZEROになったのは内緒でぃすwww

_20170924_152158

その鶴の舞橋に到着したものの、あちーのなんので駐車場の木陰でひと休み。
_20170924_152241

ここから西へは緩い登りが約2km。
ゆるゆる登り、登りが終わったところで、スプリント!!
楽しかった\(^^)/

その後は、つがる地球村の中を通り、ダムを抜け、突き当たりまでのんびり走る。

突き当たりに出ると、左に進めば鰺ヶ沢のスキー場方面への登り、右折で下りの道の駅森田方面へ。
今回は道の駅森田方面へ向かう。

下りなので非常に、非常~~に楽♪(*´∀`)♪

ただただ下り、風が心地よい。

下った先は、道の駅森田。
フェーン現象か!?くらいに暑い。
日差しもさらに強くなる。
腕が焼ける。

お決まりの写真を撮って。スタンプもOKね。
ここでストラバを見たならば……

(´д`|||)

さっきの休憩からの記録が……

無い!!

すっ飛んでる……( ´△`)
もったいねー……(-""-;)
頑張ったのに。
暑さですっ飛んだのか……
※記録はあとで


暑さがすごくなってきた午後。
ソフトもこんな感じwww
溶けとるよー!

Sketch1505103197414

うまうま&手がベタベタしたところで、しっかりストラバも再起動して、帰路についた。

結果は……
Screenshot_20170712155102


Screenshot_20170712155111


Screenshot_20170712155154

こんな感じ。
記録すっ飛んでるなぁ……(-""-;)
もっと走ってるし、平均速度も変わってくると思うんだなぁ……。

で、焼けた腕はというと……

Sketch1505103285388

この、焼けた痕は未だに残ってるのは内緒でぃすwww

以上、道の駅スタンプラリーセカンドステージはグダグダライドでした。

2017年9月24日 (日)

道の駅スタンプラリー2017 セカンドステージ 続き

ども、部員でぃす。

道の駅スタンプラリーがセカンドステージに入りました。

無事にファーストステージを、スコット君と終える事が出来た部員は、次なるステージへ。

とある日に五所川原のあるところを起点に南下。
道の駅鶴田を目指した。

当初は曇りで気温も低く走りやすい予報が直前までの発表だった。

が、走って信号二つ目を過ぎたあたりから、一気に日差しが強くなる。

『天気予報のウソつき~~!!』

走る度に暑さが堪える。

とりあえず平坦のほぼストレートだから、巡行スピード上がりやすい。
日差しから逃れたくてスピード上げたようなものだ。

なんとか道の駅鶴田に着いて、さっそくソフトクリームを目指す。

スチューベン(ブドウ)が有名なここ鶴田。
スチューベンソフトクリームを注文。

外に出て、道の駅と自転車、ヘルメットとソフトクリームを写真に納め。
Sketch1505102979651
Sketch1505103054775

もちろんこいつも……


Sketch1505103075909

スタンプも完了♪

さて、体は冷えたが日差しは強いまま。

むぅ……(-""-;)

イッチャエ!!

続く

2017年9月11日 (月)

道の駅スタンプラリー2017 セカンドステージ

どーも。部員です。

浅虫温泉まで走ったファーストステージを終えて、月を改めセカンドステージへ突入!!

今回は、五所川原を起点に道の駅鶴田、道の駅森田を回るステージ。

いやー、結果からすると…………

ぐでんぐでんの大火傷のダメダメでしたね~。(´д`|||)

今年の青森は7月が暑かった。
そのとある日に走った内容。
天気予報では曇りでそれほど気温も上がらずとの事。

しか~~~~~~~~し!!!

とんでもないことになろうとは…………

続く (-。-)y-~

2017年9月10日 (日)

道の駅スタンプラリー2017 ファーストステージ

ども、部員でぃす。

無事に戻ってきた部員とスコット君。
満足した様子のスコット君♪
良かった良かった\(^o^)/

そしてこれから。
車に積まなきゃいけない。

いつもは後部座席を全て倒して、マットを敷いている所に上手く載せる事をしていた。

今回はこれ!!

Sketch1504875891924

そう、mont-bellの輪行袋。
これに入れて車に積めば、後部座席を全て倒さずとも済むのではないか?

そう考えて、買ったのだ!\(^o^)/

これね、こちらのブログで紹介されていたの。
http://blog.livedoor.jp/romio6363/
『嗜む程度に自転車を』

管理者はロミオさん。

パーツの事なんかは、実際体験した話がそのままなので、分かりやすいし、信頼できる。

だから、輪行袋はこれを選んだ。

はっきり言って、使いやすい!!
簡単で、使いやすい!!\(^o^)/

タイヤを前後外して……

しかも袋に手順ややり方が書いてあって、親切親切!!

ほら完成の車にスッポリんこ♪

Sketch1504793750392

あ、どこでも行けちゃうね♪(・ω・)
こりゃ、走らなあかんで……( ´△`)

頑張れ~!俺。

これで道の駅スタンプラリー2017ファーストステージを終えました。
セカンドステージへ進みます!!
お楽しみに~!!\(^o^)/

※しっかりスタンプは押しました。

Sketch1504793774346


2017年9月 8日 (金)

道の駅スタンプラリー2017 ファーストステージ

ども、部員でぃす。

スコット君を連れ出し向かった先は……

『ほたる湖』

ほたる湖って??

浅虫温泉の山手にある治水ダムの事。
通称『ほたる湖』と言われている。

その由来は……

浅虫ダムは治水ダムとして2002年9月3日竣工、高さ9m、長さ215m、総貯水容量300,000㎥、排水流量毎秒60㎥で温泉資源を考慮してフローティング形式の重力式コンクリートダムとした。ダム1周2,100mで海が見える治水ダムは全国的にも珍しいです。

周囲の景色がとてもきれいなので、ウォーキングコースとしても人気です。

名前の通り、夏はダムの奥にある、ほたる谷ではたくさんの蛍が出ます。毎年7月1日から7月末まで「ほたる鑑賞会」をおこないます。また、冬もスノーシューでのスノートレッキングもお楽しみいただけます。
※浅虫温泉HPより

その一周2.1kmを自分の脚力に合わせて一周を回る。

スコット君も思い思いに走る。
おいらの結果はこんな感じ。

Screenshot_20170607142333
Screenshot_20170607142341
Screenshot_20170607142351


途中バテたので、登りの速度がガクンと落ちとる……( ´△`)

こりゃいかんぜょ(´д`|||)

暫し休憩を挟み……
スコット君は初めて見る光景を楽しみ、帰宅の途についた。
Sketch1504793659882


帰りはゆるりと。
ストラバで区間スプリントがあったけど、無視してスコット君と会話を楽しみながらスタート地点の合浦公園へ戻った。


Screenshot_20170607152732


Screenshot_20170607152751


Screenshot_20170607152813


Screenshot_20170607152834


2017年9月 1日 (金)

道の駅スタンプラリー2017 ファーストステージ

ども、部員でぃす。

久慈良餅を買って、200m?もぅすこしある?
ほら着いた。道の駅。
これがゆーさ浅虫!!

Puffer24

ここね、浅虫温泉にあるもんで、道の駅に温泉があるんよ。道の駅最上階に。

夕日を眺めながらね、海を見ながらね、入るお風呂は最高よ(о´∀`о)
今回は入らないけどwww

とりあえず、軽く?食べてからミッションを達成しようと。
食べたのは、冷やしぶっかけそばとミニねぶた漬け丼。食べすぎか?!(゜ロ゜;ノ)ノ

Sketch1504271881469
Sketch1504271908376

ここでウンチク知恵袋。
ねぶた漬けは?!
ねぶた漬け=海の幸(数の子、スルメ、昆布)と山の幸(大根、キュウリ)の、おなじみの醤油漬。

あれ?!松前漬けとどこが違うの??
松前漬け=北海道の道南地方に古くから伝わる松前漬けは、海の三宝といわれるするめいか、数の子、昆布を漬け込んだもの。

よーく見て。
よーく、よーく……
見て。。。

『山の幸』

これが違う!!!!!

この僅かな違いが食感に大きく影響していて、味わいがよくなる。

さて、軽く?腹ごしらえも終わり、道の駅スタンプラリーの課題として、ご当地ソフト食べなきゃね!!

青森市は何故かカシスが有名。
なんと!日本一の生産量を誇る。
和名の『黒房すぐり』として親しまれているカシスを30年以上前から栽培し始め、今や注目度ナンバーワン!!

きっかけは、カシスに含まれる高い抗酸化成分。ポリフェノールはブルーベリーの約2倍、アントシアニンは約3倍。さらに、ビタミンCはレモンの約2倍だという。アンチエイジングや美肌を気にする女性からの注目を浴びたのだ。

そのカシスソフトをたのみ~、写真を撮る前に一口食べて~、写真の撮り忘れに気づき、何とか隠して撮った写真だよーと言うのは内緒でぃすwww

Sketch1504272140212
Sketch1504272108345


そして、スコット君に写真を撮ってもらい。ミッション達成!!\(^o^)/

食べたら運動だよねと、スコット君を連れ出し向かった先は……

続く


2017年8月25日 (金)

道の駅スタンプラリー2017 ファーストステージ 続きだよー

ども、部員でぃす。

すっかり仕事の忙しさに埋もれて姉妹、あ、しまいwww。全く更新出来ておらぬm(__)m

夏祭りやお盆も終わったと言うのに。
未だスタンプラリーファーストステージの話www

こりゃいかんいかんo(`^´*)
思い出せ~思い出せ~!!

さて、スコット君とあのでけー岩を出発し、一度通りすぎた道の駅を目指す。

途中、スコット君がどうしても立ち寄りたいと言うことで、お邪魔した所は、永井久慈良餅店。

Puffer11

ここで久慈良餅について(wikiより)。

くぢらもち(鯨餅、久持良餅、久慈良餅)は、山形県新庄市・最上地方、及び青森県鰺ヶ沢町・青森市浅虫温泉付近で作られている菓子である。漢字では、山形で久持良餅、青森で久慈良餅とも書かれる。くじらもちというつづり方もある。もち米とうるち米の粉を水で練り、箱の中でのばし、ムキ胡桃・砂糖水を加えて、せいろで蒸したもので、味噌・醤油・餡など多彩な種類がある。鯨肉は入っていない。

さらに、青森の由来は、 永井久慈良餅店は明治40年(1907年)に創業いたしました。
当時、浅虫温泉には、日露戦争により傷痍した軍人の方が数多く療養に来ておりましたが、まだ当地も寒村に過ぎず、これぞという軍人の方々の嗜好に適したお菓子や、一般湯治の方々のお土産もありませんでした。

そこで初代吉兵衛翁が、郷里の津軽鯵ヶ沢にて習い覚えていた鯨餅の製造を思い立ち、「いく久しく慈しまれる良い餅であるように」との願いを込めて、名前も「久慈良餅(くじらもち)」と改め、より食べやすい久慈良餅の製法に力を注ぎ、改良を重ねて製造販売いたしましたところ、傷痍軍人の方々には勿論、一般のお客様にも大変ご好評をいただき、今では永井の久慈良餅が浅虫名産として観光客の方々をはじめ、沢山のお客様に愛されております。
また、保存料・添加物を使用しないこだわりの製法は、広く皆様 からご好評をいただいております。(永井久慈良餅店HP あゆみ……歴史とこだわりより)。

というのが、青森の久慈良餅誕生秘話。

Puffer22

おいらも大好き♪\(^o^)/

お互いそれぞれ買って、道の駅を目指します!!

まだ着かんのか~~~~い!!!
もう目の前だ~~~~い!!!

続く

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック